SCインテルナシオナルジャパン公式HP

【S.C.インテルナシオナルジャパンを知らない人達へ】僕の3年間

S.C.インテルナシオナルジャパンを知らない方に向けて、僕の3年間シリーズ。
次にご紹介する3年生の選手は、この選手です!

MF、DF16 植野 柊
(Ueno Shu)

1、強いチームは他にもあったと思いますが、何故S.C.インテルナシオナルジャパンを選びましたか。

最初はインテルを知りませんでしたが親が見つけてくれ、練習に参加しました。その時に厳しくて嫌だなという気持ちもある反面、成長出来そうだなと感じたことや若原さん(インテル代表)から「頑張ったらいいことあるよ」と声を掛けてくれたので入団することを決めました。

 

2、S.C.インテルナシオナルジャパンは厳しいクラブでしたか?実際に入団してみての感想を教えてください。

入団した当初は、本当にキツくて練習を休みたいと何度も思いましたが、2年生の時にトップチームに入り自分が技術・体力・メンタル共に成長できていることを実感しました。

厳しいからこそ成長できたと思っているので入団して良かったです。

ー僕が思うS.C.インテルナシオナルジャパンの良さ・魅力ー
・どのチームよりも厳しい反面、サッカーが上手くなり精神的にも強くなれる

・選手にとって環境がいい

・頑張れば頑張るほど、良い高校に進学できる

 

3、S.C.インテルナシオナルジャパンに入団する前と後では、何が変わりましたか。

時間の使い方が上手くなりました。

サッカーだけでなく、勉強もする必要があるためいかに両立するかを考えました。帰りが遅くなることの方が多いですが、少しでも時間があれば勉強するといった工夫ができるようになりました。

 

4、3年間苦しいことや辞めたいと思った時期もあったかと思います。どのように乗り越えましたか。

辞めたいとは思いませんでしたが、苦しいや辛いことは沢山あったので練習を休みたいと思ったことは何度もありました。でも、その度に親に月謝を払って通わせて貰っていることを思い出し「それに応えられるように頑張ろう」と思っていたので乗り越えることができました。

 

5、将来は、どのような選手になりたいですか。

僕はボランチなのですが、相手チームの攻撃の目を潰し良い守備から
チームの攻撃の第一歩をつくれる選手になりたいです。
また苦しい試合で、チームを助けられる選手です!

 

辛いことやキツい状況に追い込まれた時に”親”であったり、”もっと頑張れる”というワードを沢山出してくれた植野選手。

ありがとうございました!

Share / Subscribe
Facebook Likes
Tweets
Hatena Bookmarks
Pinterest
Pocket
Evernote
Feedly
Send to LINE