SCインテルナシオナルジャパン公式HP

第 36 回 日本クラブユースサッカー選手権(U-15)大会 関西大会 準決勝

36 日本クラブユースサッカー選手権(U-15)大会 関西大会 準決勝

vs大阪市ジュネッス(関西サンライズリーグ1部)

0-10-11-1

先週から始まった第36 日本クラブユースサッカー選手権(U-15)大会関西大会。今週からはシードチームも登場し、各試合白熱のゲームが展開された。

準々決勝をいい流れで勝ったインテルたが、次の対戦相手は現在、関西サンライズリーグ1部の首位でジュニア時代には全日本少年サッカー全国大会準優勝の学年の大阪市ジュネッス。各ポジションにタレントがおり、Jクラブにも対等に闘えるチーム。日本トップレベルのチームとの対戦でどのくらいインテルらしいサッカーができるかが勝利のカギとなった。

午前中から蒸し暑い気温の中、ウォーミングアップからやることをしっかりしてゲームに入っていく。

前半から自力で勝るジュネッスのペースで試合が進んでいく。守備の時間帯が多くなる中で前線の選手たちがチャンスを伺い、GKが前がかりで出てきてるとこをワンタッチでループシュート。これは惜しくもバーに当たって得点にはならず。その後は膠着状態が続く中、サイドチェンジからディフェンスラインのスライドが間に合わず入れ替わってしまい失点。前半終了間際にゴール前で3人を引き連れて決定機を迎えるがGK正面で終わる。

後半はこちらの時間帯も増えていく中で、CKの連続から惜しい場面。セカンドボールを拾ってからの2次攻撃からの速攻でらしさが出てくるなどチャンスが増えてきた。もちろん相手も選手交代をしながらこちらのピンチの場面もあるが、GKのビッグセーブも生まれ、スコアレスのまま時間だけが経っていく。

最後はお互いに力を出し切った形でタイムアップ。

現段階で全てを出し切って闘った。

惜しかった。もう少し

この壁を越えるために日々のトレーニングから意識しなくてはいけない。

来週からはトップリーグも再開になる。明日のトレーニングから来週のゲームに向けて強化していく。

本日も熱い応援をしていただきました関係者の皆様、ありがとうございました。また、対戦していただきました大阪市ジュネッスの皆様、ありがとうございました。

インテルナシオナル ジャパンHP

http://internacional.jp/

兵庫三菱自動車

https://www.hyogo-mitsubishi.com/

メルセデス・ベンツ神戸中央

http://www.mercedes-benz-kobechuo.jp/ja/desktop/passenger-cars.html

ミライズ・パートナー

https://mirise-partner.com/

ATHLETA

https://www.athleta.co.jp/

Share / Subscribe
Facebook Likes
Tweets
Hatena Bookmarks
Pinterest
Pocket
Evernote
Feedly
Send to LINE